医療法人社団 永井整形外科医院

(ながいせいけいげかいいん)

院長:永井 琢己

病院メイン画像

地図表示 地図印刷

〒683-0841

米子市上後藤1-8-26

電話0859-33-8866


Webhttp://nagaiseikei.com/


診療科整形外科 皮膚科 放射線科 リウマチ科 リハビリテーション科


休診日 日曜、祝日・木曜午後・土曜午後

診療時間・休診のお知らせ

  • 診療時間
  • [午前] 8:30~12:00
  • [午後] 15:00~18:00

8/14(金)、8/15(土)は休診とさせていただきます。

特殊診療・設備の特徴

院長は鳥取大学医学部付属病院にて山陰で初めて肩関節専門外来を開設しました。現在も肩の痛みに対してレントゲン写真、超音波検査などを駆使して的確な診断を行い、理学療法士と共に積極的な治療を行っています。手術が必要な患者さんには、近隣の病院と連携して治療を行っています。

【診療内容】頚の痛み、かたこり、肩の痛み、変形性脊椎症、腰痛、ヘルニア、肘の痛み、

手のしびれ、腱鞘炎、股関節痛、膝の痛み、足の痛み、外反母趾、扁平足、リウマチ、痛風、

関節炎、神経痛、筋肉痛、骨粗鬆症、スポーツ障害、外傷

当院の特徴

【診療・検診内容】
■骨粗鬆症
骨粗鬆症とは骨折リスクが増大した状態です。骨粗鬆症の状態をレントゲン撮影と骨代謝マーカーにより診断治療を行います。
■ロコモ健診
ロコモとは運動器症候群:ロコモティブシンドロームの略。ロコチェックを行い、転倒予防、骨折予防などのためにロコトレを指導します。
■スポーツ検診
レントゲン撮影や超音波検査などを用いて診断し、競技復帰プログラムを作成します。
<上肢のスポーツ障害>
野球肩、野球肘、靭帯損傷、離断性骨軟骨炎等
<体幹のスポーツ障害>
椎間板ヘルニア、分離症など
<下肢のスポーツ障害>
靭帯損傷、半月板損傷 足関節捻挫、疲労骨折、
シンスプリントなど
■肩こりや五十肩
痛みの原因になる疾患を診断し、出現した症状に対しての治療を行います。
■腰痛やあらゆる関節痛など
■慢性疼痛 
慢性化した痛み(慢性疼痛)に対して、注射、内服、運動器リハビリテーションなどで治療。

【リハビリテーション】
当院では理学療法士を配置し、疾患によって引き起こされた障害を対象として運動(ストレッチや筋力訓練)や物理療法を行います。
■運動療法
肩・頚・腰・膝などの関節障害
スポーツによる怪我や故障
■物理療法
牽引器具・電気機器・温熱・寒冷・マッサージなど様々なエネルギーを用いて痛みを和らげたり循環を改善します。

【院長】 永井 琢己  
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本医師会認定健康スポーツ医

《略歴》
平成元年 兵庫医科大学卒業
兵庫医科大学付属病院 整形外科・麻酔科(研修医)
愛仁会千船病院 整形外科(大阪市西淀川区)
南大阪病院 整形外科(大阪市住之江区)
小野市民病院 整形外科(兵庫県小野市)
信原病院(兵庫県たつの市)
鳥取大学医学部附属病院 整形外科

交通アクセス・周辺環境

■JR境港線 三本松口駅 徒歩7分
■JR米子駅からバス▶外浜線 境港行き
 後藤ヶ丘中学校前バス停下車 徒歩1分

駐車場完備

【当院のホームページへ】

 

  • Adwords